体験談

レディース針灸治療院コウノトリの不妊症患者様の体験談を掲載ています。口コミや評判などがお知りになられたい方はこちらの情報を参考にしてください。

体験談 Sさん

私は、不妊治療を始めたころ(2年前)にネットで鍼灸院のことは知っていました。しかし、当時住んでいたところからは遠かったし、人工授精段階だったこともあって、興味を持つ程度でした。
その後、体外受精へとステップアップし、初めての採卵で10個の胚盤胞を凍結できたものの、移植3回目と4回目の妊娠を続けて初期流産してしまいました。

「体外受精まできたら、妊娠できるのではないか」とぼんやりと期待していたこともあって、続けての流産にショックも大きく、この先どうしていけばいいのかわからず、心も体も随分悪い状態だったのを覚えています。「何がいけないんだろう。きっと私の体が悪いんだ。でもどうしたらいいんだろう」と悶々としていました。そんな時、ネットで再び鍼灸院がパソコン上に現れ、「あ、そうだった。引っ越して家も近くなったし、鍼は怖いけど、問い合わせてみよう」と藁をもすがる思いで電話をしました。

2度の流産後の電話でしたので、そのことを話すと「そうですか・・・。」とゆっくりとしっかりと優しい口調で私の話を聞いてくださり、電話だけで「ここだ!この人は信用できる」と思ったのを思い出します。(不妊の相談をする人と言えば、自分と同じように落胆する身内か、事務的に感じる病院の先生かしかいませんでしたから)

初めての診察では、時間をかけて、じっくりと話を聞いてくださり、説明を詳しくしてくださいました。案の定、チェック項目は、「1点」(これはオマケだったと思います)当然です。二十年近くも、頭痛や生理痛、便秘などに悩まされ、いつも体が重たいのを感じながら、気力で生活していたような感じでしたから。「全然ダメですね~」と笑いながら言うと、「でも、人柄はいいです」と苦し紛れに言われたのがまた、先生の温かさを感じてうれしかったのを覚えています。

「自分の体作りから」という目標ができた私は、週に2回通うことにしました。不妊外来での治療と鍼治療を、仕事をしながら続けることは、時間的・金銭的には大変でしたが、いつしか鍼灸院に行くことが「体の安定」に加えて「心の安定」につながっていることを感じるようになりました。(予約がいっぱいで1週間あいてしまうと、妙に焦っていました)

鍼治療は、西洋医学で処方される薬などと違い、瞬時に改善するというものではないと思います。しかし、通い始めて数カ月で確実に私の体は変わり始めたと思います。(毎日、夫にお灸をしてもらい、暇をみつけてツボ押しもがんばりました)体の冷えが軽減しましたし、薬を飲まないと耐えられなかった生理痛もなくなりました。骨盤のズレからくる首の痛みもなくなりました。

自分の体が良くなっていることが実感できるようになったのです。特に、鍼灸院で鎌田先生に施術してもらうと、帰宅してしばらくすると体が軽くなるのを感じました。体は、回を重ねるごとに良くなっていったと思います。先生の腕=技は確かだと信じています。

5回目の移植は、移植する卵が良くなく、失敗に終わりましたが、判定の日に「ダメでした」と電話をすると、本当にがっくりした声で「そうですか・・・。すみません。」と先生が言われました。「そんな、謝らないでください」と言いながら、『身内でもないのにこんなに考えてくれる人がいるなんて幸せなことだ。鍼灸院に通ってよかった』と涙が出ました。そして、また採卵からがんばる気力がわいてきました。その後、鎌田先生にも相談しながら、不妊治療専門のクリニックに転院し、心機一転採卵から再スタートし、2カ月で今回の妊娠となりました。

私たち不妊治療をしている者たちは、「目標を持ちたい」「一緒に頑張ってくれる人がほしい」「本当のことを言ってくれる人がほしい」と多くの人が思っていると思います。先生が言われる「私もがんばります」という言葉は、私にとってすごい力になりました。「私も、自分のことなんだからもっと真剣に取り組まなくちゃ」と何度も思い直しました。丁寧だけど押しつけがましくなく、冷静に見えるけれど面白くて温かい、先生の人柄=心にどれだけ救われたかわかりません。

鎌田先生は、多くの資格をお持ちですし、妊娠に効果があると実証されているものを積極的に取り入れられようとします。そのことも通院している私にとってはとてもありがたいことでした。今のままでも十分人気のある鍼灸院なのに、「もっと良く」と追求されるのは、「赤ちゃんを抱かせてあげたい」という先生の熱い思いからきているのだと思います。(鍼を打たれるときは、その人が赤ちゃんを抱き、周りに温かい人々の笑顔がある場面を思い浮かべられるそうです)熊本の西洋医学の現場でも、こんな先生が現れればいいのにと強く思います。

15分ごとに患者さんが来院する鍼灸院です。鎌田先生は朝から夜遅くまでたくさんの人の体と心の支えになっていらっしゃいます。先生ご自身が体調を崩されないか心配です。これからも、優しく時には厳しく、素晴らしい技と信頼できる人間性で、「赤ちゃんを抱きたい」と願っている女性たちを癒し導いてください。

体験談 Eさん

不妊治療を始めて1年半を過ぎ、採卵、移植を6回するも妊娠には至らず、どうしたら良いのか悩んでいた頃、あるネット掲示板で鎌田先生(福岡院オープン) のことを知りました。
自身の冷え性のことは自覚していて、別の針灸院(不妊針灸コースもあった)でも治療していましたが、冷えに関しても不妊治療に関しても良い結果には結びつきませんでした。
鎌田先生のところでは、不妊症・不育症専門ということと、熊本院の口コミ等を拝見して、一度相談してみようとメールを送ったことを覚えています。

初めの妊娠体質の判定は7項目中1.5項目のクリアでした。お腹を押されると、コリがあり、ゴリゴリと固い感触がよく分かりました。先生が発見されたというツボを押しながら、再度お腹を押すと、固かったお腹がお餅のように柔らかくなり、本当に驚きました。毎回の治療後も、治療前より格段にお腹が柔らかくなりました。

次の治療の時にはまた少し固さが戻っていて、、の繰り返しでしたが、だんだんと改善していきました。

食事、ウォーキングに加え、温灸器も自宅で毎日頑張りました。毎日の生野菜サラダ、ヨーグルトにはバナナを入れて、等々、身体(お腹)を冷やす原因のものは一切やめました。こんなお腹の状態で採卵、移植してもうまく行くはずなかったんですね。

4か月目に採卵、移植となりましたが、この時は残念ながら結果は陰性でした。私のしつこい汚血を取り除くにはもう暫く治療してもらわなくてはと思いました。それからすぐに、自宅温熱治療を始め、病院も転院しました。先生お勧めのサプリも飲み始めました。

その後、自宅温熱治療を開始してから約3か月目、転院後1回目の採卵では、過去最高の9個採卵、6個受精という結果に。この時、グレード1と2の卵の新鮮胚移植は陰性となりましたが、
残りの胚を培養した結果、1つが胚盤胞まで育ってくれ、凍結ができました。グレードも3AAと良いものでした。今までは2個~4個ほどしか採卵できず、グレードが良いとされるものもそれほど多くはなかったので、本当に嬉しい驚きでした。

転院して環境も変わり、誘発方法も今までとは違う方法ということもありましたが、少しずつ体質改善もできていること、また、自宅温熱治療で体の血流も良くなった おかげだと強く感じました。

その胚盤胞移植までの間、もう1,2個凍結胚が欲しかったので少しでも若いうちにと2回採卵に挑戦しました。その後卵巣が腫れていたりと、体を整えるまでに少し時間がかかりましたが、その間も先生のアドバイスや励ましのお言葉で、針治療も、自宅でのツボ押しやウォーキングも頑張ることができました。

だんだんと自分の体が変わってきている事も感じることができました。ずっと冷たかった足がいつでも温かい状態になり、毎回先生がしてくれる骨盤矯正のおかげか、ずっとひどかった腰痛も嘘みたいになくなりました。

それから数か月後、胚盤胞移植で妊娠判定をもらうことができました。移植前日の針治療、当日移植直前のサンビーマー、そして移植が終わってその足で針治療を受けに行きました。鎌田先生、白井先生にも、お腹も柔らかく、いいですね!!と仰っていただき、リラックスして移植に臨むことができました。

41歳での採卵で胚盤胞ができ、移植、妊娠判定をもらえたのは42歳になる直前。なかなか良い結果が出ず、もう少し早く不妊治療を始めていれば良かったと後悔したことも何度もありましたが、先生を頼りに諦めず頑張ってきて良かったです。

卒院の時は、嬉しいような、でも寂しいような、そんな気持ちでした。先生方には本当に感謝しています。

ありがとうございました。

体験談 Yさん

私は32歳で結婚し、一年半後から不妊治療外来への受診を開始し、徐々に治療のステップアップをしました。34歳の時、一度目の体外受精で育ったたった一個の受精卵(6分割)で妊娠をすることができましたが、10週目の診察で心臓が停止しており、稽留流産となりました。

流産の可能性はわかっていたつもりですが、自分の身に現実に起きるとは考えていなかったので、本当に悲しくショックでした。その後、ロング法で採卵しても13個のうちたったの一つも育ってくれず移殖がキャンセルとなるなど、体調は最悪になり、精神状態も深く落ち込み、夫や母など一番近くで支えてくれる人たちにも八つ当たりをしてしまうほどでした。深い悲しみと絶望感、閉塞感を感じながら、このままではいけない、何か打開策を見つけたい!と思っていた時に、知人から鎌田先生のことを教えてもらい、すぐに電話で相談させていただきました。

治療院では、週に1~2回の鍼治療だけでなく、食事や生活習慣など体質改善に必要な事柄についても指導していただき、それまでの生活ではなかなか妊娠しづらく、しても流産してしまった原因が分かったような気がしました。特に、流産後のダメージをケアする食事や養生の仕方など、全く分かっておらず、ただがむしゃらに病院に通っていたことが、良い卵を育てられなかった原因だったと気づきました。

鎌田先生の治療では、体のツボやお腹の状態を治療前と治療後にチェックしていただき、その時の状況や治療の効果を実感することができます。食生活が悪い時はツボを痛く感じたりお腹が冷たく硬くなり、ツボ押しを毎日頑張って体を温める食事をしている時はお腹も温かく柔らかくなります。また、治療の前ではカチカチだったお腹も治療の最後にはふわふわになります。効果を実感できることで、治療に通うのが楽しくなり、毎日の生活も丁寧に真摯に過ごそうという気持ちになります。何より、鎌田先生の指導を守れば、きっと良い結果が得られる!と前向きになれ、希望を持てたことが私にとっては大きな喜びでした。通院から3か月程経ち、体調や精神状態が改善していくことを実感できたころ、改めて採卵しました。すると、低刺激法で5個採卵したうち、4個も胚盤胞に育ってくれました。過去2回の採卵よりもはるかに良い結果が出て、病院の治療だけでなく、体作りにも取り組んでいくことの大切さがはっきりわかりました。

その後、胚盤胞を移殖し、再び妊娠することができました。とはいっても、前回の流産が頭から離れず不安な日々でした。しかし、もしもまた悲しい結果になったとしても、今回は前回のように深く落ち込むことはしないと心に決めていました。自分自身をかわいそうと思ったり、周囲の人に悲しみをぶつけたりしても、相手も自分も傷つけるだけと知ったし、特別な病気もなく不妊治療ができるのは恵まれていると気づいたからです。結果的に、2度目の妊娠も残念ながら稽留流産となりました。1度目とちょうど同じくらいの週数と大きさでした。本当に残念でしたが、深く落ち込むことはしませんでした。

鍼治療や食事、生活習慣で体質改善できているという安心感があること、治療の時に鎌田先生にそのときの体調や心情などを聞いていただきアドバイスをいただき精神的に安定していたことが大きかったように思います。2度目の流産を落ち着いて乗り越えられたことで、心に誓えば自分の精神状態をコントロールできるのだと分かり、大きな自信にもなりました。それが結果的に1度目の流産の悲しみも癒してくれることになりました。また、不育症の検査などで、染色体異常が原因であったことがわかり、心の整理ができ、いろいろな不安が消えました。

その後、内膜が厚くなるのを数か月待って移殖して一度失敗し、今年の5月、なんとかギリギリの厚みで再び移殖して、大事な命を授かることができました。妊娠した後も5週目から出血が続き、約1か月入院するなど順調とはいえませんでしたが、きっと大丈夫と自分に言い聞かせながら日々を過ごしようやく9か月を迎えました。出産、子育てなど不安は尽きませんが、それをはるかに上回る喜びを感じています。

不妊治療は経験したことがある人にしか分からないような大変さや悩みがあると思います。いつも側にいる夫や仲のいい友人、実の母親でもその大変さや悩みを理解し心に寄り添うのは難しい部分があります。でも鎌田先生は不妊治療で悩んでいる人の気持ちを本当に良く理解してくださっていて、その時々に必要な心の持ち方や体質改善のための具体的なアドバイスをしてくださいます。女性が妊娠・出産し子育てしていくためには健康で元気な体と心の両方が大切だと思いますが、病院の治療だけでは体と心のケアができず下手をすると悪化させてしまう場合もあります。私の場合はそうでした。

鍼灸院で心身ともに元気になり健康に近づき、本当に大切な食事や生活習慣のことを学び、妊娠できたばかりでなく、その先に続く出産や子育てにおいても重要なことを得ることができました。本当にありがとうございました。子供を授かりたいという、時に苦しく切実な思いを抱えた人たちが一人でも多く、願いを叶えることができるよう祈っています。

体験談 Tさん(39歳)

鎌田先生。こんにちは。いつもお世話になっているTです。11月13日土曜日に、ARTさんに検診に行って、びっくりしたことがありました。先生には一番に報告したいと思い、メールしました。

その日は、タイノウの確認だったのですが、無事に見えました。それも、なんと2つ!!ARTの小山先生も何でだろうとだいぶ考えられましたが、ひとつは移植した凍結胚で、ひとつはどうやら自然妊娠していたようです!でも、今回の排卵は左卵巣からで、私の左の卵管は造影検査で詰まっていると診断されたものでした。右の卵管は通っている可能性はありましたが、右の卵巣の働きが悪く、卵の発育が悪かったのです。それで、体外受精に踏み切ったという過程があります。ですから、小山先生も本当にびっくりされて、私もびっくりで、診察室で、みんなびっくりでした。でも、良いサプライズだったので、本当に本当にうれしかったです。まだまだこれから用心しないといけない日々が続きますが、この2つの命の奇跡的な出会いと生命力を信じて、元気に過ごしたいと思います。また、来週伺います。

追伸)カイロを貼るなら、どの辺に貼るのがいいか教えてください。

追記;無事に双子を出産されました。

体験談 Kさん(42歳)

ご無沙汰してます。Kです。覚えておられるでしょうか?

先生の鍼はもちろんですが、なにより悩んだ時に親身に話を聞いて下さり、アドバイスをして下さったお陰だと思います。先生に出会えてなければ、今この子を抱っこする事は出来なかったかも知れません。本当にありがとうございました。お忙しいと思いますので、お身体気をつけてくださいね

体験談 Yさん(40歳)

鎌田先生、香下先生、ご無沙汰しております。昨年7月卒業いたしました、Yです。少し報告が遅くなりましたが、1月24日の大雪の日に、待望の我が子が誕生しました(^O^)♪♪ 名前はKです!

産声を聞いた時は、感動と感謝の気持ちがいっぱいで涙が止まりませんでした。本当にお世話になりました!ありがとうございます。今は寝不足ながら、赤ちゃんのお世話を、がんばってます!落ち着いたら、産後セラピーをお願いしようと思いますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします!

体験談 Yさん(40歳)

32歳で結婚し、なかなか子宝に恵まれず、結婚2年目から不妊治療をはじめました。タイミング法、人工授精、体外受精、漢方薬の周期療法と色々チャレンジしましたが結果が出ませんでした。

病院に通うこと自体がストレスとなり、年齢も40歳を超え、もう諦めようかとも思いましたが、あと少しだけ頑張ってみようと思い、不妊治療専門の病院に転院し、それと同時に鎌田鍼灸院に通い始めました。

病院では、原因不明と言われていましたが、先生の治療を受けて、自分の体が思った以上に冷えていて、チェック項目も1つしかクリアできていないことがわかりました。週2回の針治療と、サンビーマー、食生活の改善、ウォーキング、自宅での温熱灸等で、体質が改善されていくのが本当に実感できました。

また、私は、骨盤の歪みと開きもあったので、先生に骨盤矯正もしてもらいずいぶん改善しました。骨盤が開いていると着床もしにくいということだったので、胚盤胞移植前から骨盤ベルトを巻いていました。

何度やっても結果の出なかった体外受精でしたが、鎌田先生に治療してもらうようになって半年、最初の体外受精で妊娠することができました。もちろん今も骨盤ベルトを継続して使用しています。

転院しただけでは妊娠することはできなかったと思います。妊娠できるための体質作りがいかに大切かがわかりました。針治療はもちろん、たくさんのアドバイスや励ましの言葉を頂き、前向きに頑張ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

体験談 Yさん(40歳)

ご無沙汰いたしております。私は、2013年6月から、8月までそちらでお世話になりましたYともうします。結婚して8年、子宝に恵まれなかった私でしたが、鎌田先生からご指導を受けたところ、たった2ヶ月で懐妊しました。今年の4月に、無事、女の子が産まれましたことを、ご報告いたします。本当に、ありがとうございました。

出産直後の夫の転勤・慣れない子育てなどで、お礼に伺えなかったことを、お許しください。あの時、決意をし、運動・食事・生活習慣を一変させたことで、足のむくみがとれ、するすると2,3kg体重が落ち、喜んでいた矢先の妊娠。先生と出逢えたこと、心から感謝します。あれから、たくさんの人に、妊娠できた経緯を伝えています。長年、授からなかったので、とても驚かれました。

春に産まれた娘も、6ヶ月になりました。こんな日が来るなんて、夢のようです。鎌田先生と出逢って、夢を実現するための、本気の、正しい努力とは何か、教えていただいたように思います。本当にありがとうございました。鎌田鍼灸院様の、益々の御発展を祈念致します。

体験談 Mさん(38歳)

ご無沙汰しております。昨年3月ごろ迄、不妊の為そちらにお世話になっていたMです。

院長先生には大変お世話になりました!昨年4月に東京に転勤し、引き続き吉祥寺のうすだレディースクリニックで体外受精を受けましたが妊娠に至らず、今年1月に加藤レディースクリニックに病院を変えたところ、完全自然周期の1回で妊娠(顕微鏡受精)する事ができ、今月13日に元気な女の子を出産する事ができました!

鎌田鍼灸院で沢山の事を教えていただき、院長先生には妊娠出来るよって言って頂いて、通院中はすごく心の支えになりました。東京に来てからも、先生に教えて頂いたせきむら鍼灸院に通い、そこでも良くして頂いて身体も心も落ち着いた状態で治療に望む事が出来ました!出産は国分寺市にある矢島助産院で行い、畳の上で出産し入院中も楽しく過ごせました(^_^)先が見えない治療ですごく不安な日々だったけど、今は我が子が抱けてとっても幸せです(>_<)みなさんにはとても感謝しています!本当にありがとうございました!良い報告が出来て嬉しいです(^^)

体験談 Eさん(35歳)

私が鎌田鍼灸院にお世話になろうと思ったポイントは

  1. 私の体の状態をずばり言い当てられたこと。
  2. その場でツボを押してもらったら、その状態が改善されたこと。
  3. 何よりも先生が話しやすく、ここに来るだけでも精神的に安らげると思ったこと。

当時私は流産を繰り返し、体も心も疲れ果てておりました。流産はもちろん精神的なショックが一番大きいですが、流産を繰り返すうちに体もどんどん悪くなっていくような感覚があり、こんな状態で今後妊娠すら出来なくなるんじゃないのかなと不安が膨らんでおりました。

4回目の流産後に藁をもすがる思いで見つけたのが鎌田鍼灸院のHPでした。鍼ということもあり行くかどうか躊躇しましたが、主人が背中を押してくれました。まず私の体の状態を診断していただいたのですが、お腹が固くて冷えていると言われびっくりしました。お腹の固さってこういうものだと思っていたからです。先生オリジナルのツボをを押されてお腹がふっと柔らかくなったあの瞬間は忘れられません。

私の流産の原因は染色体異常です。ある染色体とある染色体が入れ替わっているのです。入れ替わっているだけなので私自身は全くの健常者なのですが、妊娠するときにその染色体が子供にうまい具合に受け継がれなくて流産してしまうのです。治療法は無く、何回かに1度はうまい具合に受け継がれるので、何度も妊娠するしかないんです。原因がわかったのは、こちらに通っている最中でした。病院で詳しい検査をして判明しました。

ショックも大きく、通うのもやめてしまおうかと思うくらいでした。しかし夫が、「精神的に安らぐ意味でも通ったほうがいいと思う。最終的にこどもが持てなくても、鍼をすることで体はよくなるんだから意味はあるよ」と言ってくれました。その言葉にどれだけ救われたことか。。。

私も考え直して、1回1回の妊娠を大切にして、他の理由で流産にならないように体を作ろうと思えるようになりました。しばらく妊娠のことを考えずに、体を良くすることだけ考えて、好きなことをして過ごすことにしました。食べ物に気を付け、毎日ツボを押し、お灸をし、鍼に通いました。どんどん体が良くなるのが実感でき、あっという間に月日が流れて行きました。

先生はとても話しやすく治療の間に色々お話を聞いてくださるので、通うのも楽しかったです。そして、通院後初めての妊娠がうまくいき、無事女の子を出産することが出来ました。(トータルで5回目の妊娠です)やはり、体の状態がよくなるまで焦らずに待ったのがよかったんじゃないかと思います。つらい思いをしている人、たくさんいることを知っています。どんな言葉もなぐさめにならないことも知っています。

なので、変な励ましの言葉は書きません。私の信条にしている言葉を書きます。「やらずに後悔するよりは、やって後悔しよう」どうしよう、こんなことやっても意味ないかも・・・なんて思うときはとりあえずやってみる。やれるだけのことをやってダメだったら諦めもつくし、何かをやっている間は、心の状態も健康でいられます。私はこの言葉を胸に、頑張れました。この体験談が、私と同じように苦しんでいる方の救いになればと思います。

体験談 Oさん(41歳)

鎌田先生、白井先生、本当にお世話になりました。卒業まで3年少しかかってしまいましたが、無事臨月を迎えることができ、体調も安定しています。諦めずに通い続けて本当に良かったと思っています。

私は33歳で結婚し、2年間妊娠できず35歳から不妊治療を始めました。タイミング・人工授精を行いましたが妊娠に至らず、38歳で初の体外受精に挑戦し、妊娠できましたが初期で流産してしまいました。その時、鍼灸で妊娠できた知人の話を聞き、こちらのHPを拝見して体質改善をしたいと思って予約しました。体質チェックは1.5点と良くありませんでしたが、流産して5ヵ月後、こちらで鍼灸に通ったその周期に自然妊娠することができました。ちょうどネットでたんぽぽ茶(ショウキt-1)を注文して飲み始めて3ヶ月後だったのと重なったこともあったと思います。しかし喜びもつかの間、また初期流産してしまいました。ショックで診察予約をキャンセルするのも忘れてしまった私に、鎌田
先生は「大変でしたね。今はケーキでもアイスでも思い切り食べてください」と言ってくださり、少し心が楽になりました。

その後、タイミング+年に1回ほど体外受精をしましたが、初期流産が続いてしまい、通って約3年、41歳で4回目の体外受精で妊娠継続でき、臨月を迎えられました。
以下は、今回妊娠できた年に始めたことです。

・足つぼマッサージ(アキュモード式) ネットでDVDを購入して行いました。お灸と並行して行うのは大変でしたが、足つぼも気持ちよかったので続けられました。

・サプリメント(ミトコア) 4回目の体外受精の採卵3ヵ月前から半年ほど飲みました。伸びるおりものが出て効いていると思いました。鍼灸で体質改善されていたので、採卵前に集中して1日1粒でよかったです。

・「血流がすべて改善する」という本を読んで、自分は汚血の前に血が足りていないと感じ、鶏肉をよく食べるようにし、漢方(婦宝当帰膠)を飲みました。

あとは、サプリを美的ヌーボに変えた、下着を全てピンク色にした、お風呂場のマットもピンク色にしました(笑)上記の3つの効果があったとは思いますが、ベースとなったのはやはり鍼灸とショウキt-1だったと思います。ショウキt-1を飲まずに体外受精を行った周期は着床できなかったことがありました。鎌田先生に流産の報告をすると「長く通ってもらっているのに・・・すみません」と、先生のせいではないのに言ってくださり、2人の先生を信じて通い続けることができ本当に良かったです。こちらに通うことは自分の身体を整え温める、いいリラックスとなっていました。治療中の気持ちの持ちようは本当に難しいですが、赤ちゃんがほしいほしいという気持ちがいっぱいだと、赤ちゃんがお腹に入って行けないと本で読みました。リラックスを心がけ、できることはするけれどどちらでもいいかな・・という気持ちになった時、妊娠できたと思います。本当にお世話になりました!

体験談 Tさん(40歳)

私は2015年8月頃、本格的な不妊治療を始めました。その数年前から、女性ホルモンのバランス悪く、生理が来ない状態が続いていたので、婦人科に通院しながら、はり灸、漢方等の治療も試してみましたが、薬により生理をおこさないと自身の女性ホルモンの状態では生理がこない状態でした。数年間そのような治療の後、妊娠を強く望んでいたため、2015年6月頃不妊治療専門のクリニックを紹介され、1年程排卵誘発剤を投与しながらのタイミング法を続けました(2016年6月頃まで)。

2016年4月頃、妊娠という結果に結びつかなかったこと、排卵誘発剤の治療を続けることに疲労を感じていたところ、友人の紹介でコウノトリはり灸院の話しを聞き、治療を受けてみたいと思い、同年6月頃にクリニックの治療を一旦休止しました。2016年10月コウノトリはり灸院に通い始めたのを機に、もう一度不妊治療を本格的に始めようという意向で、クリニックに相談しました。体外受精を検討したほうがよいとの判断でしたので、2017年1月から体外受精の不妊治療を始めました。不安もありましたが、コウノトリはり灸院での治療とご指導が支えとなりました。私は前向きな気持ちで体外受精の治療をはり灸治療を受けた結果、2017年3月、初めての体外受精により妊娠することができました。

コウノトリでの治療の指導は、毎日の運動(ウォーキング)、食事、つぼ押し、お灸と日々の積み重ねによるもので、自身の努力も必要でしたが、子どもを授かりたいという気持ちがあったので、前向きに取り組むことができました。

今は医療の発達により、高齢での妊娠が可能となってきましたが、まずは自身の子を授かるための体づくりが大切なことだと思っています。どのようにしたらよいのか随分悩んだ末、コウノトリはり灸院との出会いにより、子を授かることのできる体づくりができたおかげで、体外受精による妊娠が成功したのだと実感しました。妊娠直後も流産のリスクもありますし、コウノトリはり灸院の治療とご指導が大きな支えとなりました。出産予定は2017年11月とまだ先ですが、コウノトリはり灸院で教えて頂いたことを支えに出産に向けて頑張っています。

体験談 Oさん(35歳)

結婚して初めての妊娠を8週で心拍確認後に流産し、不妊治療の病院に通い始めました。排卵周期が乱れがちだったため、誘発剤の服用や注射を何度か行いましたが薬によって体調を崩すことが多く、このまま高度治療に進むことに迷いがありました。

コウノトリの前に通っていた鍼灸院では、毎回同じような治療が続き少々行き詰まりを覚えていた時レディース鍼灸院コウノトリの開院のお知らせを知り、これで駄目だったら治療を辞めようという気持ちで通い始めました。

初回、今までの鍼灸院では指摘されなかったようなツボのコリを押され、それがものすごく痛かったのを覚えています。先生の鍼で痛いと思ったことは全くありませんでしたが、毎回「ここが痛いでしょ?」と言いながら押されるツボはいつもかなり痛かったです。痛いところが自分のお血がたまっている印であり、生活習慣の指導や家でのお灸を通して、痛くなる場所が変わっていくのが自分でもわかりました。

通院を初めて約2か月、4回目の人工授精で妊娠反応が出ましたが、前回の流産のこともあり10週すぎまで通いました。サンマットの上で横になっているとじわじわと身体があたたまり、不安がほぐれていったことを思い出します。

高齢初産はトラブルや難産が多いと一般的には言われていますが、私の経過は振り返ってみれば驚くほど順調でした。先生の勧めで骨盤ベルトも早くから着用し、大きなトラブルなく予定日の3日過ぎに約5時間の出産。助産師さんにも安産ですねと言っていただきました。その後の母乳育児も大きなトラブルなく今のところ順調です。妊娠するために指導された食生活や生活習慣はその後の出産や育児にも備えて身体を整えてくれたのかなと思います。

改めて鎌田先生と白井先生にはお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

体験談 Oさん(35歳)

こんにちは。先日お電話したOです。お電話でもお伝えしましたが、9月22日3780gのBigBabyを出産しました。報告しなければと思いながら、昼休み時間入る直前がいいのではと考えて、お電話するタイミングを毎回のがしていました。写真添付します。体験談は、簡単に書いただけなので、文章を付け足してくださいね。(かなり短くてすみません(‘;’))
そういえば、施術を受けていたのは去年の今頃でしたね。懐かしいです。

1回目の体外受精がだめだったことと、早く子宝に恵まれたい気持ちで、こちらの施設を訪問しました。施術を週1~2、レンタルした電気お灸器?を使って自宅でツボ押し、サンビーマー・サンマットを購入し自宅で就寝時使用、1日30分くらいのウォーキング、冷たい飲み物を飲まない・・・以上のことを行いました。施術の回数をこなすごとに体が良い方向に改善していきました。(足先の冷えがなくなる等)2回目の体外受精で赤ちゃんを授かることができました。

体験談 Nさん(40歳)

私は2014年の2月に初めてこちらの鍼灸院を訪れました。2012年の3月頃から妊活を始め婦人科に通院しながら漢方薬を飲んでいたのですがタイミング療法、人工授精4回、体外受精1回と失敗に終わりました。

コウノトリ鍼灸院を知ったのは、フリーペーパーだったと思います。その頃、別の鍼灸院に通っていたのですが院が遠く、近くでの鍼灸院を探していました。

最初は、お電話で話をお聞きしたところとても丁寧にお話をしてくださったのを覚えています。鎌田先生の穏やかで、強制しない話ぶりが「行ってみたいな」という気持ちにさせてくれました。

初回は、カウンセリングと治療をしていただきお腹はカチカチ、ツボは全部痛い・・・という状態でした。自覚できるほどの冷え性で、いつも手足は冷たい状態でした。
しかし、その日から温灸器をレンタルし自宅でのツボ押し、お灸、運動、食事とやれることはとことんやっていきました。

回を重ねるうちに、先生にも「体の状態、良くなっているよ!」と言われ、結構まじめに取り組みました。最終的には、温灸器もサンマットも購入し、思ったよりお金がかかる漢方薬はやめ先生がおすすめしたくださったサプリを飲むようになりました。

2014年2月に初めてコウノトリでの治療を始め、3月に凍結していた移植をしたのですがなんと妊娠反応が!これには本当にびっくりしました。しかし、5週で流産に終わりました。鎌田先生は穏やかに励ましてくださったのですが、とてもショックで、先生に鍼灸の治療をしてもらいながら涙したのを覚えています。

コウノトリでの治療前に採卵していた卵だったのですが、卵の質があまりよくなかったようです。今度は、体の状態を良くして、質のいい卵作りから始めよう!ということで
治療を続けました。

2014年8月に採卵をしましたが、前回(治療前)に比べると、とてもいい卵になってくれていました。10月の移植はダメでしたが、12月の移植で妊娠反応が出ました。もちろんとてもうれしかったのですが前回の流産もあり、心拍が確認できるまでは・・・と落ち着いていた気持ちもありました。しかし、順調に育ってくれました。採卵も移植も、体がいい状態で臨めたことがいい結果を生んでくれたのだと思います。

約1年の通院でしたが、鎌田先生をはじめ白井先生には大変お世話になりました。今の私とあかちゃんがあるのは、鎌田先生、白井先生のおかげです。ありがとうございました!
治療はもちろん、体の話、サプリの話、栄養や運動の大切さなどいろんなことを教えていただきました。鍼灸でこんなにも体質改善ができるとは知りませんでした。病院だけでは、いい結果は出ていなかったと思います。

まだ出産まで2ヶ月ありますが、無理はしないように妊婦生活を楽しんでいきたいと思います。まずはこのお腹のあかちゃんを無事に出産することが先ですが、2人目を考えだしたときは、鎌田先生、またよろしくお願いします^^

随分と暑くなってきましたが、お体には気をつけてくださいね。

体験談 Mさん(40歳)

先生、メール遅くなりました。文章、下手なので編集お願いします。今二人目妊娠中30週目に入りました。ここまでの道のりを説明します。結婚後、2回妊娠しましたが、育たず不全流産。森川クリニックで胎盤検査、卵管造影もしましたが異常はありませんでした。しばらく泣いたのを思い出します。もう子どもがいない生活でもいいかなとも、主人にもごめんねと謝りました。職場にもあまり知られたくなくて、管理職だけに伝えて、周りには風邪と説明してもらいました。同じ時期に結婚した友達はすぐ妊娠し、私にも早く子どもつくればいいのにと言ってきますが、流産のことは言いたくなく主人と離れて暮らしてるしと説明していました。

それから、ソフィアレディースクリニックに行ってみました。そこで主人とともに染色体検査もしましたが異常なし。タイミングをみてもらって自然妊娠、ここからがまた緊張の毎日。なんとか育ってくれて、つわりとの戦い。つわりがひどいのは子どもが育っている証拠と聞いてがんばりました。2週間仕事を休み、家で寝るだけ。食事も入らず、立ちくらみもし、しばらく主人の実家に行き5日間ソフィアに点滴をうちに行きました。流産防止のために漢方とバファリンを処方されました。なんとか育っていき、エコーの写真をノートに張り、コメントを書いては無事に産まれることを願うばかり。

お腹にも無事に産まれてきてねと話かける毎日。7ヶ月から8ヶ月くらいに男の子とわかり主人が名前をつけてDちゃんと話かけていました。お腹に絵本を読んだり、散歩して歌を歌ったり。今 思うと懐かしいです。病院も大変悩みました。知り合いに二回流産もしているなら慈恵が安心なのではと言われ、慈恵で産みました。

パパがいるときに産まれてきてねと、話かけていたからか、主人がいる夜に破水し、病院にいくことができました。助産師さんが陣痛の時さすってくださり、あと少しで会えると思うと私が頑張らないと。バースプランで主人には内緒で、もしできるならへその緒を主人に切ってもらいたいと書いていました。そして、主人にそう助産師さんが言われると、いいんですかと切ってくれました。内心できませんとか言い出したらどうしようかと。そして、今そのDもすくすく育ちもうすぐ4歳になります。

しかし、Dが産まれて兄弟がほしいと思い。また続けて2回の流産。一回目は日赤で検査もしましたが異常なし。
主人にもDという宝がいるからもう無理して子ども作らなくてもいいんじゃないかとも話しました。でも、主人はDのためにもあきらめたくないと。またソフィアに行き、先生なんで 育たないのですか、ほかになんか方法はありませんか、なんでもしてみますと泣いて言いました。

そこで、行ってみる?と鎌田先生のところの紙をくださいました。情報もなく行ってみましたが、初日、私のお腹を触った先生、このお腹 赤ちゃんが育つベッドではありませんと。びっくりしましたが、私の日頃の生活がいけなったのかと反省しました。先生が言われるように、週3回30分歩いて、食事も気をつけて、冷えがよくないとのことでコーヒーもやめて。風邪をひいてはしばらく治らずに1月つらい日が続いたことも。先生のところに通い隣では妊娠何週目とか言われるのが聞こえうらやましいな。私にもまた赤ちゃんきてくれるかなとも思いながら、週2回通い、家では子どもが寝たらツボ押し、お灸を続けました。先生のところに通いはじめて 半年くらいたっても私の体は変わってないんじゃないかとも思いました。でも、それぞれ違うし、お金もばんばんなくなるから、もうやめようかなとも考えたこともありました。主人とはDが産まれ、しばらくして、また別居。人吉に単身赴任タイミングも合わずなかなか妊娠できないし、もう私も城南まで通って、帰ってDとまた二人の生活。とてもきくつなっていました。

友達からは二人目妊娠したの報告が次々と。お隣まで二人目はと言われてまたつらい。そして、あまり考えずいてタイミングが合えばと思っていたら、職場で出血。生理かと思ったけど違う。妊娠検査薬で、陽性。ソフィアにすぐ行きました。出血していたので、明日から仕事を休むことに。2週間ほど休みました。つわりとの戦いが始まりました。でもDがいるから寝てばかりはいられません。

Dがどうかお兄ちゃんになれますようにと願い、やっとここまできました。次は女の子です。7月4日予定です。ここまできたことにまず感謝。そして、無事に産まれることをただただ願い。あの時、ソフィアの先生に鎌田先生を紹介してもらって本当によかった。鎌田先生も親身になっていつも話を聞いてくださり、先日、報告に行った時は本当に喜んでくださりうれしかったです。

みんなが結婚したら簡単に妊娠・出産できるわけではありません。まわりにはそんな人がたくさんいますが、私はつらい経験もして、流産した友達の痛みもわかります。流産したとき、主人に私と結婚しなきゃよかったねと話したこともあります。子どもを本当にほしいと願っていたのは主人です。これからまだまだいろんなことがあると思いますが、家族で楽しく過ごせたらと思っています。鎌田先生のところで一人でも多くの人の願いが叶いますように。私になんかできることがあれば。無事に産まれたら先生のところに子どもを連れて行くのが次の願いです。

体験談 Kさん(32歳)

鎌田先生へ。こんにちは。ご無沙汰しています。今年の5月まで先生のところで約1年間通わせていただいたKと申します。安定したらメールさせていただこうと思っていたのですが、鍼灸を卒業して次の週に出血したり、安定期に入ってからも一時期切迫早産になったりしていたもので、ご連絡が遅くなり申し訳ありません。今は、おかげさまで妊娠7ヶ月で、体調もお腹の子も順調なので、鍼灸を受けた感想や経過など報告させていただきたいと思いメールしました。

私は、結婚して4年目で、婦人科も2年ほど通いタイミングや排卵誘発剤を使ってもなかなか結果も出ず、これといった原因も見つからないこともあってステップアップする勇気が出ずに悶々とした日々を過ごしていました。また、東京で他の鍼灸院に少し通った事があったのですが、とても痛いイメージがあり、数回であきらめてしまいました。でも、熊本に転勤した事を期に体質改善に興味を持って、鎌田先生のところに週1回で通い始めました。

初めての診察では、お腹はゴリゴリしていて下腹部の弾力もなく、点数は食事や運動を大目にみてもらって2.5点くらいだったと思います。けれど、鍼がこんなに痛くなく、施術前後でお腹の柔らかさが全然違うことに驚きと感動があって、施術を受けるのが楽しみになりました。婦人科にも通いつつ、半年くらい経って鍼灸の効果も出てきて、先生からもだいぶ体調が良さそうだからそろそろかもと言ってもらえるようになりました。

その後、結果が出ないまま2、3周期が過ぎ、先生からピックアップ障害についても教えていただき、今まで躊躇していた体外受精を受けてみようという気になり、幸運にも1回目の体外受精で妊娠することができました。きっと、それまでの体質改善がうまくいっていたので、自信を持って体外にチャレンジすることができたし、体調的にも着床しやすい体ができていたのだと思います。

鎌田先生には、鍼灸のことだけでなく、病院選びや治療、日々の生活や食事 に関して普段なかなか人に話しづらいことも相談する事ができ、体だけでなく、心の負担も軽くしていただいたように思います。ここに通っていなかったら、体外に踏み切る勇気をずっと持てなかったのではと思うので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

また、バスで通っていたので、天候の悪い日は服を乾かしてくださったり、来院できるか気にかけてくださって、暖かい心遣いにとても感謝しています。第2子を希望するようになったら、またお世話になると思いますのでよろしくお願いします。